思わず寝すぎてしまう時がある。
そんな日は体がいつも以上にしんどくてだるくて頭もまわらない。
よけいにどんどん眠たくなって疲れだってとれない。
だけどそんな日とは対照的に朝早起きしてシャキシャキテキパキと動いた日は頭もさえて逆になんだか疲れも取れる。
動いているので疲れているように思っても、ずっとだらだらして寝ているよりも体がすっきりしているのだ。
実は睡眠にも体力をつかっているらしい。その話をきいて本当にびっくりした。
なので過剰な睡眠は疲労につながってしまうのだろう。
それに朝早く起きて動くと脳も活性化されて目が覚めるが、いつまでもだらだらしていたら脳も動かないし、目も全然さめない。
それならどうせならしっかり動いて目を覚ました方がいいと思う。
でもなかなかそうはいかないのが現状だ。
でも早起きは三文の徳というくらいだし、早起きして動くことにこしたことはない。
ごろごろして過ごすくらいならその間にできることをたくさんしようと思う。
そうすれば家事や仕事もはかどるし、しっかりとけじめのついた睡眠がとれるのでそれにこしたことはない。
寝すぎてもったいない1日を過ごすより有意義な1日を過ごしたいと思う。

トラックバック | コメントのRSSを取得

コメントする

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント