ある日新聞をみていたら詐欺についてのっていた。
還付金等詐欺、送り付け商法、架空請求詐欺の3つの手口が最近はよく多発しているらしい。
やり方もどんどん巧妙になっているのでお年寄りなんかは騙されやすいそうだ。
確かに急にそんな詐欺の手口で電話がかかってきたりしたらよく分からないまま騙されてしまいそうだ。
市職員などを装ったりするらしいので、そうやって市の名前を出されたら本当に信じてしまいそうになる気持ちはよくわかる。
冷静に考えたらわかりそうではあるが、まさか自分が詐欺の被害にあうなんて考えてもいないだろうからすぐに騙されてしまうのかもしれない。
疑うことを嫌う日本人の性格が裏目にでているといっても過言ではないと思う。
なので少しでも変だなと思ったら消費者センターや、市職員の名前を語ったのなら市に、などと問い合わせたり、相談したりすることがことが必要であると思う。
人の良心を踏みにじってお金をだまし取ろうとするその行為は決して許してはならない。
一人でも騙される人がいなくなりますように。

トラックバック | コメントのRSSを取得

コメントする

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ウェブサイト

コメント